ニコチンの神経毒性と上本町の外来でチャンピックス処方

たばこにはいろいろな成分が含まれていますが、特に有害なのがニコチンです。ニコチンは元々は天然由来の成分ですが、強い神経毒性を持っています。
たばこを吸うと、ニコチンが脳の中にある受容体に結合します。すると脳からの指令によってドーパミンという物質が分泌されます。ドーパミンは快感物質のひとつで、たばこを吸った人は気分がよくなったりたばこはおいしい・手放せないと感じるようになります。逆に一定時間たばこを吸わないでいると、体内のニコチンの絶対量が減りますから、ニコチン受容体にくっつくニコチンも少なくなってドーパミンが出なくなります。ドーパミンは快感物質ですから、分泌が止まることでイライラなどの不快感が生じ、同時に脳はたばこを吸いたいという信号を送ります。これがニコチンの神経毒性の特徴です。自分だけの努力で禁煙がうまくいかないのは、この神経毒性によって禁断症状が起こるからです。
最近は、禁煙外来を設置してたばこを止めたい人をサポートするクリニックが増えてきています。上本町にも、禁煙外来のあるクリニックがあります。
禁煙外来ではどんな治療を行うかというと、ひとつには医療用のパッチなどで皮膚から微量のニコチンを補充しながら禁断症状を乗り越えて禁煙する方法があります。またニコチンを含まないチャンピックスなどの飲み薬を使う治療も行われています。
チャンピックスには、ニコチン受容体に結合してドーパミンの分泌を促す作用のある薬効成分が含まれています。ですから、たばこを止めてニコチンが体内に入らなくてもその代替作用が得られますので禁断症状を抑えることができるのです。上本町の禁煙外来でも、このチャンピックスを使った安全な禁煙治療が行われています。
禁煙外来での治療の基本は、医師が処方した期間できちんと受診を続けることです。上本町の禁煙外来でも、12週間をベースにしたチャンピックスの治療が行われています。