チャンピックスを使った禁煙治療を行う神奈川県の外来

多くの病院で、自力ではなかなか成功が難しい禁煙を医師がサポートする禁煙外来が置かれていまする神奈川県にも、こうした禁煙外来のあるクリニックがあります。
個人の頑張りだけでは禁煙が難しいのは、ニコチンの禁断症状によります。タバコを吸うとニコチンが脳の受容体にくっついて、この時に快感物質のドーパミンが分泌されます。この仕組みによって、喫煙する人はタバコはおいしいと感じるようになります。
一方たばこを止めようとすると、体内のニコチンが減ってドーパミンも出されなくなります。ドーパミンは快感物質なので、この状態になるとイライラなどの不快感が高まります。また脳はタバコを吸うようにという指令を出しますのでタバコに手が出てしまうのです。これがニコチンの禁断症状とよばれるもので、禁煙が難しいメカニズムです。
神奈川県にもある禁煙外来ではどんな治療をするかというと、まず医療用のニコチンパッチを使った治療方法があります。この方法では、タバコを吸わない代わりにパッチを使って皮膚から少量のニコチンを補給して禁断症状を抑えます。
また、ニコチン成分を一切含まない経口補助薬つまり飲み薬を使った治療方法もあります。チャンピックスは、ニコチンを含まない禁煙補助の飲み薬のひとつです。
チャンピックスにはニコチンの受容体にくっついてドーパミンを分泌させる作用のある成分が配合されているので、タバコを吸った時と同じ現象が起こってニコチンの禁断症状を回避することができます。またチャンピックスを服用していると、仮にタバコを吸ったとしてもタバコのニコチンが受容体にくつつくのを妨げるのでドーパミンの分泌につながらずタバコをおいしいと感じなくなる効果もあります。
神奈川県の禁煙外来では、医師が処方する期間でチャンピックスを使った治療が行われています。